2012年01月11日

飯田かおる議員の12月議会一般質問


 飯田薫議員の12月議会での一般質問の要旨をお知らせします。

子どもの医療費無料化の拡充を!
子育て支援施策として、府下各地で、無料化の拡充が大きな流れとなっています。
 城陽市では現行入院は中学校卒業前まで、通院は小学校2年生までで平成24年度は小学校3年生に引き上げる計画です。
 12月に京都府の福祉医療制度検討委員会が、通院分の助成を小学校卒業まで拡充する提言書を示しています。
 城陽市で小学校卒業までの助成を実施した場合、市の負担額はいくらか、同時に城陽市でも卒業までの拡充を求めました。
 市は、「通院を卒業まで無料化をした場合は、4年生〜6年生で1400万円の負担となる。京都府は市町村と協議することになっており、協議を踏まえ検討する」と答えました。
 平成24年度内で、通院無料化の拡充実施を強く要望しました。

 食品放射能測定器の購入で市民の安心確保を!
 国の放射能の食品検査はまだまだ少なく、暫定規制値が高いうえ、規制値以下のものは数値を発表しない地域もあります。このような状況で住民からも、食品の放射性物質を求める声が広がっています。
 国は検査測定の自治体負担が大きいため、消費者庁の交付金を活用して放射能測定器の購入や貸し出しの助成をしています。
 城陽市でも住民の不安を取り除き、安心確保のため交付金を活用して放射能測定器の設置を求めました。
 市は「府が市町村の希望を受けて実施、城陽では農業生産者のさつま芋や柿など測定を依頼、市独自の検査は不要」と答えました。
 生産者の食材だけでなく、市民からの測定希望のために、測定器の貸し出し申請を求めましたが、放射線量の多い所を優先的に配布される。今後も府の検査に依頼する」と市民の安心確保には冷たい姿勢でした。
posted by jcpjoyo at 06:35| 京都 ☁| Comment(2) | 飯田薫議員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。