2011年11月30日

12月議会がはじまります

 12月5日から、城陽市議会の第4回定例会(12月議会)がはじまります。会期は、22日までの18日間です。日本共産党議員団は、介護保険、生活保護行政の改善、教育環境の整備、新市街地整備事業や東武丘陵地の整備の課題など、市民の声にもとづき、積極的に質問をしていきます。ぜひ、傍聴におこしください。


12月議会はじまります0001.jpg

■補正予算に、寺田西保育園と枇杷庄保育園の統合園の用地購入費として9700万円を計上

 12月議会には、一般会計予算で3億2780万円が提案されます。この中には、市立の寺田西保育園と枇杷庄保育園の統合園整備事業として9700万円が計上。平成25年4月の開園をめざし、今池小学校東側(富野高井44番地)に統合園を建設するために、約3400平方メートルを購入するというものです。「老朽化した園舎を立て替えて欲しい」という保護者の願いに一日も早く応えることは当然です。しかし、購入予定地は9月議会で、「近鉄京都線に隣接しており、騒音や振動は大丈夫なのか?」「高圧電線による電磁波の影響はないのか?」などを心配するする声が議会から相次ぎました。同園の設計監理に関する予算(債務負担行為)を削除する修正案も出されたほどでです。
 それなのに、保護者や住民、議会に十分な説明もなされないまま、12月議会に用地購入費の予算案を計上するというのは、あまりにも強引すぎるのではないでしょうか?
 日本共産党議員団は、用地購入費を予算計上する前に、「予定地の騒音や振動、電磁波の影響はどの程度のものなのか?」「将来にわたって子どもたちの安全を確保できる場所なのか?」を行政が責任をもって説明することを求めていきます。

教育、年金、社会保障の充実に関わる3つの請願が福祉文教常任委員会で審査されます


 また、12月議会には、「教育格差をなくし、子どもたちにゆきとどいた教育を求める請願」「消費税によらない最低保障年金制度の創設を求める請願」「国民への負担をあらたに強いる『社会保障・税一体改革成案』に反対し、社会保障の充実・改善を求める請願」の3つの請願が提出されています。福祉文教常任委員会で審査されます。日本共産党議員団は、これらの請願の採択にむけて全力を尽くします。

議会日程は次の通りです。開会はいずれも午前10時からです。

12月5日(月) 開会本会議
12月7日(水)総務常任委員会
12月8日(木)福祉文教常任委員会
12月9日(金)建設消防常任委員会
12月13日(火)一般質問@
12月14日(水)一般質問A
12月16日(木)一般質問B
12月20日(火)一般質問C
12月22日(木)最終本会議

posted by jcpjoyo at 06:17| 京都 ☁| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。