2013年06月27日

城陽市議会平成25年度第2回定例会において、慰安婦問題の解決を求める意見書を可決

 城陽市議会の平成25年度第2回定例会(6月議会)は、本日すべての議事を終え閉会しました。
 最終本会議では、下記の通り、「慰安婦」問題の早期解決を求める意見書が、共産(3人)、市民ネット(4人)、公明3人、太陽の会(1人)の11人の賛成多数で可決され、国へと送付されることが決まりました。
 (全文は下記のとおり)

 なお、6月議会を終えての党議員団の声明は、後日アップいたします。



「慰安婦」問題の早期解決を求める意見書

アジア太平洋戦争の終結から67年が経過した今でも、戦争により被害を受けた人々の傷はいやされていない。旧日本軍「慰安婦」問題は、その中でも重大な問題である。
 旧日本軍によって、「慰安婦」とされた多くの女性たちに対し、政府は、いわゆる「河野談話」や「アジア女性基金」などによる取り組みを行ってきたが、  
被害女性自身からは受け入れられるには至っておらず、新たな被害の声も出てきており、また国際社会から指摘も続いている。
 そのことを踏まえ、被害女性に対し再びその声を聞き、調査分析を進め、必要に応じ理解ある補償を行い、名誉と尊厳を回復することは、いまだ日本政府に残された責務と言える。
 また、被害女性たちは既に高齢で訃報が相次ぐなどの状況があるため、人道上からも、政府による時間的な対応が必要である。
 これらの状況も鑑み、国におかれては、旧日本軍による「慰安婦」問題の解決を図るため、次の事項について、誠実に実行するよう、強く要望する。
 
1 旧日本軍による「慰安婦」被害者に対し、再度調査分析を行い、必要に応じ、謝罪の追加、理解ある補償及び名誉の回復の措置を、誠実に急ぎ行うこと。
2 旧日本軍による「慰安婦」問題の真相解明を更に進め、人々の理解を深めるとともに、世界が同様の過ちを犯さないために、歴史の事実と教訓の次世代への継承に取り組むこと。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成25年6月27日
衆議院議長    伊吹文明様
参議院議長    平田健二様
内閣総理大臣   安倍晋三様
財務 大臣    麻生太郎様
総務 大臣    新藤義孝様
外務 大臣    岸田文雄様
文部科学大臣   下村博文様
厚生労働大臣   田村憲久様
内閣官房長官   菅 義偉様
                 城陽市議会議長 藤城 光雄
posted by jcpjoyo at 17:48| 京都 ☁| Comment(2) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 京都市に「慰安婦」意見書を求める会の事務局をしています加藤と申します。
 性奴隷問題解決促進意見書採択ありがとうございます。 これで7つの市議会が意見書をあげていただきました。京都府と併せて8つの自治体の議会で採択となります。これを力に早期解決と橋下大阪市長に発言撤回と謝罪を実現させたいと思っています。女性市会議員のメーリングリストを府議会採択を求める運動で立ち上げていますので、それに加入して頂きたいなど要望がありますので相談に乗って下さい。
 とりいそぎ、お礼まで。かとう
Posted by 加藤正信 at 2013年07月01日 09:49
市長選挙を前にして、議員団が記事更新してない、というのが、
もりあがらない原因・・?
Posted by 期日前投票 at 2013年09月09日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。