2012年01月11日

飯田かおる議員の12月議会一般質問


 飯田薫議員の12月議会での一般質問の要旨をお知らせします。

子どもの医療費無料化の拡充を!
子育て支援施策として、府下各地で、無料化の拡充が大きな流れとなっています。
 城陽市では現行入院は中学校卒業前まで、通院は小学校2年生までで平成24年度は小学校3年生に引き上げる計画です。
 12月に京都府の福祉医療制度検討委員会が、通院分の助成を小学校卒業まで拡充する提言書を示しています。
 城陽市で小学校卒業までの助成を実施した場合、市の負担額はいくらか、同時に城陽市でも卒業までの拡充を求めました。
 市は、「通院を卒業まで無料化をした場合は、4年生〜6年生で1400万円の負担となる。京都府は市町村と協議することになっており、協議を踏まえ検討する」と答えました。
 平成24年度内で、通院無料化の拡充実施を強く要望しました。

 食品放射能測定器の購入で市民の安心確保を!
 国の放射能の食品検査はまだまだ少なく、暫定規制値が高いうえ、規制値以下のものは数値を発表しない地域もあります。このような状況で住民からも、食品の放射性物質を求める声が広がっています。
 国は検査測定の自治体負担が大きいため、消費者庁の交付金を活用して放射能測定器の購入や貸し出しの助成をしています。
 城陽市でも住民の不安を取り除き、安心確保のため交付金を活用して放射能測定器の設置を求めました。
 市は「府が市町村の希望を受けて実施、城陽では農業生産者のさつま芋や柿など測定を依頼、市独自の検査は不要」と答えました。
 生産者の食材だけでなく、市民からの測定希望のために、測定器の貸し出し申請を求めましたが、放射線量の多い所を優先的に配布される。今後も府の検査に依頼する」と市民の安心確保には冷たい姿勢でした。
posted by jcpjoyo at 06:35| 京都 ☁| Comment(2) | 飯田薫議員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

17日の福祉文教常任委員会の内容をお知らせします

 飯田かおるです。17日の福祉文教常任委員会の報告をします。
 教育部局では、市内小、中学校の耐震化の状況が報告されました。
 文科省は、5月24日、公立小中学校、高校などの施設整備の基本方針を見直し、平成27年度末までの5年間で、全学校の耐震化を完了させる計画を決めました。
 全国の小中学校の耐震化は73.3%で、城陽市では今年度の耐震化工事を含むと、平成23年度末で74.7%になります。

市立学校施設の耐震化率  平成23年4月1日現在
耐震化表.jpg

 私は、「文科省の方針どおり、城陽市も27年度末で完了できるのか?」と質問、教育委員会は、「これからの耐震化工事は、筑後年数の新しい施設棟に入ってくる。第2次診断の個別の建物の耐震性能を評価する診断方法によって、耐震化が不必要な棟も出てくるので、完了年度は市の予定の平成28年度よりも早くなることも出てくる」と答弁。
 
 学校は地域の避難所です。国の効率よい今の補助金で、耐震化工事の早い完了を要望しました。

 福祉部局では、今年度の国民健康保険料の引き上げが報告されました。
 平成21年度から22年度にかけて医療費総額が5億円増えたことで、国保加入者が平均1人あたり一年間で、保険料は医療費分で3.98%アップにより、2434円の引き上げとなり、年額63530円となります。
 今までも、生活が大変で保険料が払えない方が増えています。
 引き上げを行わないために、国からの財政負担や、市の一般会計からの繰り入れを増やすこと、支払い困難な方のために分納の相談等をきめ細かく対応することを求めました。

 
posted by jcpjoyo at 06:59| 京都 ☁| Comment(0) | 飯田薫議員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

府民公募型安心・安全整備事業で古川をきれいに

 こんにちは。いいだ薫です。
 梅雨の晴れ間、花の植え替え、大きな洗濯物を洗いたい、などいろんなことがしたくなります。
 
 私は、選挙で訴えました「一級河川、古川の清掃・草刈・堆積の土砂の除去を」実現するため、京都府が実施している「府民公募型安心・安全整備事業」を活用していただくため、古川に隣接する住宅地の自治会長さんのところを訪問してきました。

 今までも、住民の方からの要望を市議会で取り上げ、また府の土木事務所に要望していますが土砂や川の中に茂っている植物の除去は、まだ実現していません。
 地域の方から直接要望をあげていただくことは、大きな力になります。要望実現にご一緒に取り組んでまいります。

 「府民公募型安心・安全整備事業」

 京都府管理施設(河川、道路、建物)に対する府民の皆様からの提案書として、公募型で要望を提案できる「府民公募型安心・安全整備事業」が募集されています。要望は審査委員会で採用化か不採用か、が決められます。
 募集期間は4月1日から6月30日です。詳細は、京都府のホームページ

http://www.pref.kyoto.jp/
で検索してみてください。

 城陽市議会は6月14日から始まります。ぜひ傍聴にお越しください。
 
posted by jcpjoyo at 08:34| 京都 ☁| Comment(0) | 飯田薫議員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。